書き間違えは恥ずかしい!MOSの履歴書表記パソコン講師が教えます

こんにちは!
誰よりもパソコンができなかったパソコン講師しかっちです!

「MOS合格した!履歴書に書きたいけど、正式名称長い!」
「ワードとエクセルでとったけど、別々の行に書かなきゃダメ?」

そうなんです…。
MOSの正式名称をカタカナ表記すると「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」。
合格したからには、堂々と履歴書に書いていただきたいんですが「どうやって書くのが正解ですか?」という質問、多いんですよね。

パソコンで入力した履歴書でも大丈夫な企業もありますが、履歴書といえばまだまだ手書きが主流。
パソコンは、はみ出しても「フォントサイズ」を調整すればいいですが、手書きだとそうは行きません。かっこよく英語で書いてスペルミスがあっても恥ずかしいですしね。

というわけで、今回はMOSを履歴書に書く場合の書き方についてお話しします!

MOSの表記方法は4通り

MOSの表記方法は、4通りです。

1. 全て英語表記
2. 全てカタカナ表記
3. 略語で全て英語
4. 略称とカタカナ

例えば、MOSを「Word2013」で取得したとするとこのような書き方になりますよ。

【1】全て英語表記の場合

Microsoft Office Specialist Word2013 取得

【2】全てカタカナ表記の場合

マイクロソフト オフィス スペシャリスト ワード2013 取得

【3】略語で全て英語の場合

MOS Word2013 取得

【4】略称とカタカナの場合

MOS ワード2013 取得

地方の中小企業の場合、MOSと略称で書かれても通じないことがあります。略称は使わない方が無難かもしれませんね。

 

履歴書のスペースに合わせて使い分ける

履歴書のスペースには限りがあります。
正式名称を略さずにカタカナで書くのが、どこの企業でも通じやすいとは思うのですが、かなり小さい文字で書くことになってしまうでしょう。

小さい文字で細々と書かれると読む気がなくなるという人もいますから、全てカタカナで書く場合は、スペースに余裕のあるA4版の履歴書を使用した方がいいかもしれないですね。

MOSを複数取得している人はそれぞれ記載

MOSを取得した人の中には、エクセルはMOS2010で、ワードはMOS2013で取得しているという人もいらっしゃるでしょう。

就職のためにMOSを取得する人は、同じバージョンで一気に取得する方が多いですが、すでに働いていて「スキルアップのために」取得する人は、バージョンが変わるごとに取得する方も多いのです。

そういった場合は、同じバージョンであれば「・」で区切って同じ欄に書いても大丈夫です。
例えば、Office2013でワードとエクセルのスペシャリストを持っている場合は、

MOS Word2013・Excel2013 取得
(略称で全て英語で書く場合)

のように書くといいでしょう。

バージョンが違う場合や、スペシャリストとエキスパートのようにレベルが異なる場合は、それぞれ別の欄に記入した方が無難です。
応募先の企業で使っているOfficeのバージョンと同じものが使えるかどうかの判断がつきやすいからですね。

「履歴書に書くのは恥ずかしい」は間違い

たまに
「履歴書にかける資格がないからMOSを取得したけれど、パソコンは使えて当たり前だし、履歴書に書くのは恥ずかしい」
という方がいらっしゃいます。

でも、MOSは履歴書に書くのが恥ずかしい資格ではないですよ!

MOSは、数あるパソコン資格の中でもマイクロソフトが公認している資格です。
パソコン資格の中には、「取得が簡単すぎて、資格の名前の割に実力が伴わないもの」も多くあります。
そんな中で、企業の採用担当者に「この人のパソコン資格はこのレベルですよ」としっかり証明できるのが、MOSなのです!

英語が話せて当たり前の職場に応募する人は、TOEICのスコアの提示を求められますよね。
それと同じように、パソコンの実力の証明としてMOSがあると考えれば、履歴書に書くことは全然恥ずかしいことではないんです。

まとめ:応募先の企業に合わせた表記方法を使おう

MOSを履歴書に書く書き方についてお話ししてきました。
個人的には、略称を使用せずに英文で書く書き方が、見栄えがしてかっこいいと感じますが、ほどほどに長いスペルなだけにミスが気になるところ…。

ある程度大きな企業や募集要項に「パソコンが使える方」と書かれているなら、MOSのことを知っていて当然でしょうから、略称を用いてもいいでしょう。
中小企業で、募集要項に「パソコン」の文字がない事務職であれば、略称は使わずパソコンの資格を持っているとわかるようにカタカナで書くのが無難かもしれないですね。

せっかく取得した資格を就職活動に利用しない手はありません。
履歴書を送付する企業によって、4パターンの書き方を使い分けながらしっかりとパソコンアピールをしていきましょう。

それでは、また!

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^パソコン苦手な方が得意になれる「ブログ」「動画」が届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^

 

【人気の高い関連ページ】

【人気の高い関連ページ】

【MOS合格・独学勉強方法】

パソコン初心者でもMOSに合格できますか?
パソコン講師がオススメ!MOS独学勉強にベストな参考書
MOSを独学で勉強できるサイトを紹介!全部無料!
MOSの勉強をスマホやiPhoneで!厳選アプリを紹介
パソコン講師が語る!MOS独学取得のための勉強時間目安
5分で解決!初心者がMOS独学取得する際のパソコンの悩みベスト5

 

【MOS 2010とMOS 2013とMOS 2016の資格検定詳しい概要・違い・種類】

「マイクロソフト・オフィス」と「MOS」バージョンの関係
MOS2010(モス2010)の詳しい概要・内容
MOS2013(モス2013)の詳しい概要・内容・種類
MOS2016(モス2016)の詳しい概要・内容・種類
MOS2010、2013、2016のどれを受けるべきか

 

【MOS検定資格とはこんな試験です】

MOS資格検定とは?今さら聞けちゃう基礎知識
MOS資格検定の試験科目と難易度が気になる!
MOSを受けたい!受験資格や料金は?
MOS試験。テストはどんな感じで行われるの?
お金の無駄じゃない!明るい社会人生活のためのMOS取得

 

【MOS資格を就職活動に役立てよう】

MOSは就職に有利?就活・転職活動との関係
就職後にMOS資格取得をオススメする3つの理由
書き間違えは恥ずかしい!MOSの履歴書表記パソコン講師が教えます
MOSを取得したらどんな就職・求人があるのか?
MOS受験は求職活動になるのか?

 

【MOS試験の概要】

MOS受験者IDのアカウントの作り方!
試験日の注意点は?
MOS2016試験概要:2010・2013との違いを解説
MOSは意味ない?さて世間のうわさの真相は?
「MOSマスター」とは?
MOS世界学生大会とは?