※MOSが就職活動に使えるかどうかについての記事です

MOSは就職に有利?就活・転職活動との関係

こんにちは!
誰よりもパソコンが苦手だったパソコン講師しかっちです!

この記事を読んでいる方なら、一度は

「パソコン資格の取得が就職に有利です!」

というセリフを見聞きしたことがあると思います。
実際、パソコン資格はあった方が面接官への印象もよく、ないままに就職するよりも就職後の業務にもプラスになります。

ですが、悲しいことに「そんなのパソコンスクールの宣伝文句でしょ?」と言われてしまうのも事実…。

今回は、パソコンスクールの講師の経験から、MOS取得が就職にどんな影響を与えるのかについてお話していきますよ。
(※記事作成にあたって、公益法人の元採用担当の方の意見もききました。)

 

パソコンは使えるのが当たり前

元採用担当の方に言わせると

「パソコンは使えることが当たり前。
レジ打ちのアルバイトの子でも、出退勤処理や有給休暇の取得などは、事務所のパソコンでしてもらいます。
採用年齢の上限を65歳までにしていた受付業務も、業務日報や入館人数の入力はパソコン。
同じレベルなら「パソコンが使えない」「触ったこともない」という人には、遠慮していただくことが多いです」

とのこと。

事務ではない仕事でも、パソコンに一切触れない業務は少ないというのが現実です。

 

企業はあなたのパソコンレベルが知りたい

「パソコンは使えるのが当たり前」といっても、企業が「ここまで使えて欲しい」というレベルと「パソコンでこんなことができます」という応募者の意識には差があります。
MOSのような「パソコンレベルの指標」になるものがないと、口頭での質疑応答では実際のパソコンレベルはわかりづらいからです。

面接時に
「あなたが希望する部署は経理部になるので、vlookup関数などを日常的に使用します。できますか?」
というように、具体的なやりとりをすることができれば、このミスマッチは防ぐことができます。

でも、中小企業であっても採用部署と実際に働く部署は異なるもの。
面接時に具体的なやりとりができる可能性は少なく、

「『パソコンが使える』というから雇ったのに、基本操作もできない人だった」
「『基本レベルができれば大丈夫』といわれて安心していたのに、働いてみたらマクロを使うなど上級レベルが必要だった」

という悲劇が生じてしまいます。

MOSは「Officeソフトをここまで使えます」という指標になりますから、持っていればパソコンレベルのアピールをすることができるのです。

MOSよりもパソコン検定が有利?

「MOSの取得を履歴書に書いたが、面接官がMOSを知らなかった」

という話もありますが、パソコン資格を取得するならMicrosoft公認の試験を取得しておいた方が絶対にいいです。

英語レベルを表すのに、英語検定ではなくTOEICの取得が推奨されるのと同じように、パソコン資格なら世界基準のMOSを取得しましょう。

というのも、パソコンの資格もピンからキリまであるからです。
中には、小学生でも無勉強で取れてしまうようなものもあり、資格の存在自体に疑問がつくものもあるんですよ。

面接官に通じないなら、面接時にMOSがどんな資格かしっかり説明すればいいだけのこと。
自分の実力がきちんと証明できる、メジャー資格を取得しておくにこしたことはありません。

転職の場合はアピール素材になる

転職の場合は、パソコンレベルの証明の他に、「次の職に向けて勉強をする人材である」というアピール素材になります。

営業職やサービス業から事務職に転職を希望する人の中には
「今よりも楽に金が稼げるから事務職に就きたい」
という方が少なからずいらっしゃいます。

2017年4月にも発言小町に「暇な職場(事務)の見つけ方を教えて下さい。」という接客業の方の質問が出ていましたね。
「業務に向上心は求めません」と言い切り、「出勤させしてくれればいい」と思われるような楽な職場に転職したいというこちらの方への回答には、辛辣なコメントが並んでいました。

企業も、「この質問者のような方はできるだけ採用したくない」と考えています。

そこで、「事務職に転職するにあたりMOSを取得しました」という実績が事務職に対する熱量のアピールになります!

「楽がしたくて事務職に転職するわけではない」ということのアピールのためにも、希望職種に関連する資格は取得しておくにこしたことはないでしょう。

まとめ:MOSは企業に熱意と実力を知らせるために使おう

「パソコンは使えて当たり前なんだから、MOSを取得しても「だから何?」と言われて恥ずかしい思いをするだけ」

そんなことを言われることもありますが、MOSは自分のパソコンの実力と就職後の熱心さを企業に伝えるためにはもってこいのパソコン資格です。

勉強時間さえしっかり確保できれば、比較的短期間で取得することが可能ですし、就職後も間違いなく役立ちます!
「就職に役立ちそうな資格は何も持っていない」という方にこそ、MOSはオススメですよ。

MOSを取得する人は、どんな人が取得しているのか気になる方は、当教室からの合格者へインタビューをした動画がありますので、参考にしてください。

↓↓↓下記をクリック↓↓↓
http://pcacademy.jp/mospass/

こちらのYouTubeにチャンネル登録をしていただければ、MOSに役立つワンポイント講座などの更新情報も届きますよ!

ぜひ、チャンネル登録してくださいね!

それでは、また!

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^パソコン苦手な方が得意になれる「ブログ」「動画」が届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^

 

【人気の高い関連ページ】

【MOS合格・独学勉強方法】

パソコン初心者でもMOSに合格できますか?
パソコン講師がオススメ!MOS独学勉強にベストな参考書
MOSを独学で勉強できるサイトを紹介!全部無料!
MOSの勉強をスマホやiPhoneで!厳選アプリを紹介
パソコン講師が語る!MOS独学取得のための勉強時間目安
5分で解決!初心者がMOS独学取得する際のパソコンの悩みベスト5

 

【MOS 2010とMOS 2013とMOS 2016の資格検定詳しい概要・違い・種類】

「マイクロソフト・オフィス」と「MOS」バージョンの関係
MOS2010(モス2010)の詳しい概要・内容
MOS2013(モス2013)の詳しい概要・内容・種類
MOS2016(モス2016)の詳しい概要・内容・種類
MOS2010、2013、2016のどれを受けるべきか

 

【MOS検定資格とはこんな試験です】

MOS資格検定とは?今さら聞けちゃう基礎知識
MOS資格検定の試験科目と難易度が気になる!
MOSを受けたい!受験資格や料金は?
MOS試験。テストはどんな感じで行われるの?
お金の無駄じゃない!明るい社会人生活のためのMOS取得

 

【MOS資格を就職活動に役立てよう】

MOSは就職に有利?就活・転職活動との関係
就職後にMOS資格取得をオススメする3つの理由
書き間違えは恥ずかしい!MOSの履歴書表記パソコン講師が教えます
MOSを取得したらどんな就職・求人があるのか?
MOS受験は求職活動になるのか?

 

【MOS試験の概要】

MOS受験者IDのアカウントの作り方!
試験日の注意点は?
MOS2016試験概要:2010・2013との違いを解説
MOSは意味ない?さて世間のうわさの真相は?
「MOSマスター」とは?
MOS世界学生大会とは?

【MOS受験の疑問解決】

MOSの受験料が高い!安く済ませる方法はないの?
MOSの受験料はどこで払う?振込方法など解説
MOS随時試験がお勧めの理由
MOS試験会場の雰囲気はどんな雰囲気?
今年のMOSの試験日程はいつ?