そろそろ復職がしたい…そう考えていませんか?

「結婚して退職…。専業主婦になったけれどこのままでいいのかしら…?」

「販売業に従事しているけれど、おばあちゃんになるまでこの仕事を続けられる自信がない…。」
そんな思いを抱えていませんか?

一般的に、正社員での転職・復職は30代がギリギリのラインと言われています。

一度退職した人や接客・販売系のお仕事に従事してきた方が、「やっぱり事務系のお仕事に就きたい。」と、就職活動を始めるのも30代に入ってからが多く、30代からの復職・転職活動はライバルの多い活動を強いられます。

白い履歴書よりも、資格のある履歴書の方が有利

就職活動に成功するためには、まずは書類選考に合格しなければなりません。

どんなに素晴らしい人格の持ち主でも、書類選考で合格しなければ次のステップには進めないのです。

そのようなとき、改めて自分の履歴書を見て、あまりにも職歴・資格欄が白いことに不安を感じる人も少なくありません。新卒と言われた20代の頃と違って、30代に求められるのは、若さや物覚えの良さよりも実績だからです。

就職活動をしている人自身も、社会人経験があるだけに「どうせ雇うのなら、実績も資格もある人間が欲しい」という企業の期待がわかってしまうのですね。

もし、あなたもそんな不安を持ってしまっている一人なら、安心してください。職歴欄は仕事に就かない限り増やすことはできませんが、資格欄は仕事につかなくても増やすことができます。

あなたが、新卒で働いて以来無職であったとしても、その間に資格の取得をしているのであれば、「新しい物事に意欲的に取り組む向上心のある人間である」というアピールにもつながります。

 

資格をとっても実務がないと意味がない

とはいえ、「取得しただけで実務経験のない資格」は意味がないと思われがちなのも事実です。

英語の資格でTOEICというものがありますが、皆さんも「TOEICでハイスコアを持っている人間を採用したが、実践で使い物にならなかった。」という話を一度は耳にしたことがあると思います。

よく、通信講座などで「すぐに就職できる!」とうたわれている資格に、「医療事務」「薬局事務」などがありますが、これらの資格も例外ではありません。

資格のない未経験者よりは、採用される可能性は上がるかもしれませんが、資格未取得の実務経験者には敵わない可能性が高いのです。

「未経験だからこそ、資格を取ったのに職がないの?」
と思われましたよね。でも、安心してください。実務経験者よりは可能性が低いと言うだけで、資格を持っていれば未経験でも雇ってもらえる可能性が上がることに変わりはありません。

 

どの職種にも通じるのがパソコン資格

でも、どうせ資格を取得するなら就職に直結するような即効性のある資格を取得したいですよね。「そんな都合のいい資格があるの?」と疑問に思われたかもしれませんが、あるのです。それは、パソコンの資格です。

どうして、パソコンの資格が有利なのかその理由を説明しますね。一般的に求められている社会人必須スキルに、「パソコンの基本操作ができること」があるからです。

先にあげた、復職がしやすいと言われている資格も、パソコンを使用しなければならないお仕事です。職種によっては専門のソフトを使用するので、「専門ソフトの使用方法さえ覚えてしまえば簡単」と思うかもしれませんが、大きな間違いです。

例えば、家庭で新しいオーブンを購入したとします。購入以前にもオーブンを使用していた人と、オーブンの使用が初めての人では、コツやポイントをつかむのにどうしても差が出ます。

パソコンだって同じです。行う作業は違っても、パソコンを使用したことがある人とそうではない人では雲泥の差がでます。専門のソフトといっても基本操作は、一般的なパソコンの基本操作を元にしているからです。

もし、あなたが職場に新しい人を採用する側の人間だったとしたら
「パソコンはほとんど使用したことがありません」
という人と
「パソコンの資格を持っています。基本操作は完璧です。」

という人のどちらを採用したいでしょうか。店頭で接客・販売をするだけのパート・アルバイトでさえ、職責が上がれば事務所のパソコンでシフトの調整や金銭の過不足について調べるのは当たり前の社会です。

パソコンの基礎から教えなければいけない人は敬遠されます。

どんな些細なことでもパソコンで管理するのが一般的になっている今、パソコンの基本操作ができることはすべての企業人にとって当たり前のスキルになっています。

これらは何も正社員だけに限った話ではありません。契約社員や派遣社員も同様もしくは正社員以上にパソコンスキルについては求められる時代です。そして、もっと言うとメールソフトの設定やプリンターの設定など、仕事をする上で使用するパソコン周辺の機器類の知識を求められることも良くあります。

そのような時代ですので、パソコンの基本スキルは必須と言って過言ではないのです。

復職の第一歩はパソコン資格の取得から

実は、パソコンができるといっている人でも、資格まで取得して「ここからここまではしっかりできます」と自信を持って宣言できる人はなかなかいません。

パソコンができて当たり前の世の中だからこそ、「基本からしっかり学んだパソコン資格」が履歴書にあることで、企業からの信頼さえも勝ち取ることができるのです。

真剣に復職を考えているからこそ、どんな職種にも通用するパソコン資格を身につけて、自信に溢れた履歴書を作成したいですね。

次の記事

働く人の必須技能=パソコン、使えない人を待ち受ける悲劇とは?