前回の記事

30代からの復職、コスパが良くて履歴書に効くのはパソコン資格!

働く人の必須技能=パソコン、使えない人を待ち受ける悲劇とは?

前回の記事では、「復職するにあたってコストパフォーマンスがいい資格はパソコン資格です」というお話をしました。その中で、パートやアルバイトであってもパソコンを使用する場面があること、派遣社員や契約社員であればパソコン技能は必須であることをお伝えしましたね。

今回の記事では、働く人の必須技能であるパソコンが使えない状態で復職をしようと思った場合や復職した場合に待ち受ける悲劇について解説していきます。

書類選考ではじかれる可能性が極端に高くなる

「簡単な入力程度ですが、パソコンは使えますか?」

面接時にそう訊いていい返事だったのに、実際に雇ってみたら全く使えなかった。そんな痛い目に遭ってしまう会社は少なくありません。何故ならば、パソコン資格を持たず自分ではパソコンを使えると思っている人の多くが

「ワープロ程度のことならできるから大丈夫」

「学校の授業でさらっとやったから全然イケる」

「ネットで検索できてるし、仕事も大して変わらないでしょ」

 

と、自分のパソコンスキルを過信しているからです。「簡単な入力程度」といっても、本当に数字を入力すればいいだけの仕事はまずありません。

例えば、文章作成仕事の場合は、「文章のデザインや適切なフォント、画像やグラフの挿入までお願いします」という場合がほとんどです。簡単な数値の入力程度の場合でも、「表計算ソフトを使用して入力した数値の合計や平均まで出す」ことが求められのが当たり前です。検索についても同じことが言えます。

仕事でわからないことがあった場合や、上司に「これについて調べて欲しい」と依頼をされた場合は、一定レベル以上の検索テクニックを身につけていなければ、求める情報にたどり着くのは難しいでしょう。

娯楽としてインターネットを利用する場合と、目的を持って利用する場合では利用の仕方のポイントが違うのです。

企業の担当者は、優秀で即戦力になり得そうな人材を雇いたいと考えています。たとえそれが、短期雇用のアルバイトであってもそうです。

そこでもし、あなたが企業の採用担当者なら、書類にパソコンスキルがある人とない人のどちらを選ぶでしょうか?

応募者全員を面接する余裕があるなら別ですが、そうではないなら、パソコンが触れるかどうかすら怪しい人よりは、確実にパソコンを使った経験がある人を選びたくなりますよね。

面接までこぎつけても合格する可能性は低い

パソコンの資格を持っていなかったとしても、面接まで辿り着く可能性はあります。ですが、合格する可能性は低いと考えた方がいいでしょう。

特に、事務系の職場は即戦力を求めています。入社後に仕事は教えてくれますが、それはパソコンの基本操作がわかっているという前提のもとでの話です。

パソコン資格を持っていない人は、履歴書提出の段階でマイナスイメージになることは避けられませんし、面接にたどり着いたとしても他の応募者よりは印象が悪いと思った方がいいでしょう。

もっとも、本当に「簡単な入力程度」のパソコン技能しか使わない職場や、マニュアルがしっかりしている職場、以前にもパソコンを使えない人を雇って無事に育て上げることができた職場は、入社後にパソコンを覚える「やる気」を十分にみせれば雇われる可能性はあります

土日休みの事務職はまず合格しない

パソコンを使う職場と言えば事務職ですね。先ほど、「事務系の職場では即戦力を求めている」というお話をしましたが、事務職は採用側の基準が厳しいだけでなく、倍率もとても高いのです。

「土日祝日が休日になっていて、しかも定時で帰ることができる」

そんなイメージを事務職に持ち、事務職を志望するは読者の皆さんだけではないのです。参考までに事務職の有効求人倍率をお伝えしますね。厚生労働省が発表している一般職業紹介状況によると、2016年9月の一般事務の職業の有効求人倍率はパートタイムでの求人を含めて0.32です。

一般職業紹介状況とは、ハローワークでの職業紹介の実績を集計したものです。これを見ると、どの業種がどれだけ人を求めているのか、どの職種が仕事を探す人に人気なのかがわかる統計データです。

そこで、一般事務の有効求人倍率が0.32ということは、一般事務で働きたい人が100人いたとして、一般事務で募集している求人が32しかないということです。

パソコンの資格に加えて、経理の知識も必要になる会計事務は、有効求人倍率が0.66になっていますが、それでも、働きたい人全員に求人はありません。

「事務職であればどんな職場でもいい」という覚悟で事務職を探してもそんな状況であるのに、給与や勤務地を選んでいたらもっと厳しい就職戦線になるのは目に見えていますよね。

そういう状況ですので、事務職必須であるパソコン資格を持っていない人が事務系の職場に入るのは、非常に狭い門といえるのです。

入社後はかなり苦労することになる

ただし、入社できる可能性は0ではありません。とはいえ、入社できたとしても入社後はかなり苦労することになるでしょう。接客販売業のアルバイトや、スーパーのレジ打ちパートであるなら、パソコンは使わないかもしれませんし、簡単な入力程度で済むかもしれません。

しかし、こちらの記事をお読みの皆さんが就職したいのは、そういったアルバイトやパートの職場ではありませんよね。パソコンを使用してプログラムを作成するような職業、とまではいかなくても、パソコンに縁がある職業、「経理事務」や「営業事務」「窓口業務」「一般事務」といった職業を志望していらっしゃるのではないでしょうか。

もし、そういった職種を志望するのではなかったとしても、現状ではほとんどの職種がパソコンを使用することが当たり前になっていることは、前回の記事でお伝えしたばかりです。求人募集をかけている多くの企業が、

「入社後には先輩社員がマンツーマンで教えます」
「マニュアルが完備されているので安心です」

とうたっていますが、全くといっていいほどパソコンが使えない人は、入社当日からお荷物扱いになってしまう可能性が高いのです。想像してみてください。

やる気と意欲がある人だったとしても、業界の基本的な作法を一から教えることがどんなに手間暇のかかることなのかを。

読者の皆さんは、新しい職場の先輩が教えてくれた業務や完備されたマニュアルを職場だけで覚えきるる自信がありますか。パソコンが使えないということは、それに加えてパソコンの操作も覚えなければいけないのにですよ。

<まとめ>少しでも事務があるならパソコンは必須技能

パソコンができない状態で入社する人がいれば、誰かがその人にパソコンを教えなければなりません。
全員が当たり前にできることなのに、少しパソコンでつまづいただけで、「教えて欲しい」と呼ばれる先輩社員・同僚はどんな気持ちでその人と同じ職場にいるのでしょうね。

「営業ならパソコンは使わないだろう」
「窓口業務ならパソコンは使わないだろう」

と、パソコンを使わないであろう仕事を狙い撃ちするのも一つの手かもしれません。
しかし、本格的に入力がなくても、パソコンが何かしらの業務につながっている可能性は高いのです。

少しでも事務がある場合はもちろん、事務の気配がしなくても、今やパソコンを使えることは空気のように当たり前になっています。

ですので、これから就活を始めるのでしたらパソコン資格は必須の技能です。周りの全員が使えて当たり前の技能が使えないことは、応募者の他の長所をわざわざ潰すようなものです。

パソコン資格は教室に通えば安心して取得することができるのですから、自分の可能性を無駄に潰さないためにも、しっかりとっておきたいですね。

 

次の記事

【職種別に解説】人気の事務職、どんなパソコン技能が使われるの?