コラム パソコン教室選びのコツ ブログ

パソコン教室の選び方の重要な3つのポイント|現役講師が秘密公開

更新日:


パソコン教室選びで悩んでいませんか?

パソコン苦手な方にとってみると「パソコン」とか「IT」といった言葉が出てくるだけで頭が痛くなってくると思います。

私は、現役パソコン講師なのですが、非常にパソコンが苦手でした。

自力でパソコンを覚えて行っていたのですが、何分効率が悪いです。

お金は安く済みますが、その分、時間を多く使いました。

また、自分で調べながら覚えていくというのは「不安」がつき物です。

その不安感を払拭でき、効率よく学べるのがパソコン教室(パソコンスクール)です。

この記事では「元々苦手だった者の視点」「実際に教える側になった時の視点」から見てのパソコン教室の選び方をお話したいと思います。

パソコンを使えるようになった後の生活は非常に快適です。

そこから、得られるものも大きいです。

あなたが、パソコン教室に通おうとしている方向性は間違いではありません。

こちらの記事でたくさんの情報を書いておりますので参考にしてみてください。

この知識を持ってあなたにぴったりのパソコン教室を探してみて下さい^^

何の為にパソコンを学びますか?

まずはこれを明確にしたほうが良いです。

・仕事の作業を効率よくスキルアップしたい方

・パソコンを覚えて希望の仕事に就きたい

など、将来の自分の像を思い描くと良いです。

その「パソコンが使えるようになった後の姿」があると、パソコン教室に行く事が楽しくなっていきます。

また、その楽しいパソコン教室選び自体も楽しくなってきます。

まずは一番大切な目標を明確にしてみるのが大事です。

パソコン教室はどんなところがあるのか?

パソコン教室といっても色々な業態があります。

また、非常にたくさんあります。

・大型ショッピングセンター内に店を構えるフランチャイズ形式のチェーン店

・大きな駅にあるビジネス・資格習得がメインの大手

・市がやっている市民のパソコン教室

・家の近くにある個人店

など様々です。

便利に通えたら嬉しいですね。

どれを選んでも良いのですが、自分にピッタリあったものを選ぶのが良いです。

生徒さんのことを真剣に考えてくれるパソコン教室選びが重要です。

検討材料を考えておきましょう。

あなたの状態をよく振りかえってみましょう。

自分のやりたいことが覚えられるか?サービス内容がマッチしているか?

学びたい事は何ですか?

基本的には、学びたい講座があるかどうかが重要ですね。

例えばオフィスソフト(ワードやエクセルなどのことです^^)を学びたい場合で考えてみましょう。

そこで、パソコンに慣れる意味も含めて、早速インターネットで検索してみましょう。

YahooやGoogleなどの検索サイトを開き、検索欄に「パソコン教室 オフィスソフト」と入力して検索してみてください。オフィスソフトの授業はほとんどのパソコン教室で行っています。

ここで注目したいのは「カリキュラム」です。例えば事務職に必須の「Word(ワード)」や「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワーポイント)」だけを学びたいのに、「文字入力練習」から始めないといけなかったり、「インターネット閲覧方法」の授業も受けなければならないカリキュラムだったりしますと、時間もお金も無駄にしてしまいます。

なので、自分が使えるようになりたい意思を汲み取ってもらえて、個人個人に応じてカリキュラムを組んでもらえる教室がオススメです。

また、何度も復習できるところが便利で、よりスキルを確実に習得できます。

パソコン教室検索のコツ

ちょっとココで「検索のコツ」ですが、検索する際、お住まいの都道府県や市町村も一緒にいれてみると、自宅近くの教室を探すことができます。

たとえば「広島市安佐南区緑井」という知名だとしたら「広島」で入れても良いですが、もっと絞って「緑井」と入れるとその地域のパソコン教室が出てきます^^

でも、近くにパソコン教室がない場合もあります。

後は時間が合わないとか・・・。理由はそれぞれあります。

そんな時は「インターネット」や「電話」などを利用したレッスンが登場しています。「全国対応」とか「遠隔レッスン」とか「オンデマンドレッスン」など入れて検索してみると良いです。

今の時代、近所にパソコン教室がなくても、自分にピッタリでおすすめパソコン教室はどこかにあります。

他のパソコン教室と比較検討して学ぶ場所を決めましょう。

システムが充実しているか?

パソコン教室などの習い事は、店舗によってシステムが異なります。

そのシステムを良く調べる事が重要です。

例えば

・どのくらいの期間通うのか?

・入学金(入会金)は?

・1時間辺りの料金は?

・教え方は?

・営業日と営業時間は?

・月謝は?

・コース制?

・短期集中でも対応できるか?

・見学を行なっているか?

・インストラクターの質は?

・指導力はあるか?

・マンツーマンは対応しているか?

・自分のスキルや技術は上るのか?

・就職に必要な事が学べるのか?

・就活のサポート制度などあるか?

・操作方法はどんな環境で学ぶの?

・相談はどんな感じで行うのか?

・スキルチェックをしてくれるのか?

・試験の合格保証は付いているのか?

・最近のパソコンを使用しているのか?

・学習体制は万全か?

・無理なく通えるか?

・会社帰りに通えるか?

・タイピングを学べるか?

・自由に質問が出来るのか?

・一般的な事務職のスキルが身につくか?

・資格対策講座があるか?

・MOSの試験校か?

・地域で人気があるか?

・作成したいものを持ち込めるか?

・写真の整理など教えてくれるか?

・動画で見るだけでなく実践や活用が学べるか?

・初心者でも安心して学べるか?

・自分のやりたい事を選択できるか?

・学割はあるか?

・給付金制度などあるか?

・ノートパソコンやデスクトップパソコンなど購入などの相談にのってくれるか?

・ディスプレイは通常程度の大きさがあるか?

・性能の悪いパソコンを使っていないか?

・スマホも教えてくれるか?

・CPU、メモリ、HDDなど様々な知識を持ち合わせているか?

・Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)など学べるか?

・CADが学べるか?

・Web(ウエブ)やHP(ホームページ)など学べるか?

・プログラミングを学べるか?

といった仕組みが合致しないと、通うこと自体も難しいと思います。

まずは、基本的な考え方として、その辺を考えると良いでしょう。

価格や単価が低いお店って良いお店?

さて、検索してみたら、教室の詳細を読んでみましょう。

いろいろとありますが、料金は気になるポイントだと思います。「どうせ通うなら安い方がいい!」と思いの方も多いと思います。

しかし、この点は要注意です。

インターネットで検索してみると、極端に安い価格設定のなされたパソコン教室もあります。

価格が安いのはいいことなのですが、その結果、本来の目的である「パソコンを覚える」「パソコンを使ってやりたいことをやる」「オフィスソフトを使えるようになる」という目的地にたどり着けない可能性も出てきてしまいます。

また、受講プランが充実したパソコン教室を選ぶことも重要です。

仮に一年以内で、ワード・エクセル・パワーポイントの資格取得まで行おうと思った場合の金額設定になります。

① 大手スクール(総額30万~100万)
② 中規模のスクール(総額10万~30万)
③ 小規模スクール(総額10万~3万)

大手の場合

大手は、宣伝費などもかかっているのでどうしても金額が上がってきます。

それでも覚えられたら良いと思います。

オリジナルテキストが充実していたり、人数も少人数だったりするので、その金額が出せる方には良いでしょう。

中規模の場合

中規模になってくると「教室の質の差」が出てきます。

大手よりは価格はお安めになります。

これは広告費や人件費などが大手ほどかからないからです。一度体験に行って確認してみると良いでしょう。

小規模の場合

小規模の場合も「教室の質の差」が出ます。

安かろう悪かろうがありますので、安すぎるところには注意が必要です。安くしているのは何か理由があります。

お客様が来ないので「安売りしている」とか「経営状態が良くないので安くしている」「講師の質が悪いから安くしている」など上げられます。

安い店の特徴として「安いんだからこのくらいで」と経営者側が勝手な、妥協判断をしている場合があります。

その部分には注意しましょう。体験レッスンなどで確認してみるのが良いです。

一度体験すればレッスンの雰囲気や様子はわかります。

詳しくは別記事で書きました

パソコン教室の金額は?相場や料金のお話

個別指導とマンツーマンの違い分りますか?

個別指導とマンツーマンをよく勘違いされる方が多いです。

多くの教室は「個別指導」です。

これは「個々に別々の事を学ぶ」ということで「個別指導」という言い方をします。

それに対する言葉は「一斉授業」です。

一斉授業は「一斉にみんなが同じことを学んでいく事」を言います。

それに対して「マンツーマン」ですが、マンツーマンは1対1で学ぶ事です。

自分の知りたいことや、やりたいことだけ学ぶ事ができます。

インストラクターを一人独占するので当然料金や費用は高くなりますが、その分効率よく学ぶ事ができます。

動画学習や映像学習はちょっとオススメしません

フランチャイズのお店は「動画」を使った講座を行なわれます。

それが良いという方もいらっしゃいますが、基本的にスキルは身につきにくいです。

その動画の通りの事しか学べない

パソコンを学ぶ目的は「実践」だと思います。

教科書どおりのことが出来ても、意味がありません。

ですが、フランチャイズのお店は、効率を優先するために動画を使います。

それでは、それ以外のことが学べないのです。

そもそも、動画であれば家で学べば良いと思います。

動画に頼った教室の講師はスキルが低い

動画に頼った教室の講師というのは、スキルが低いです。

パソコンスキルというのは、実践で身につくものです。

動画をつかない講座を行なっていると、日常的に、トラブルなどの対応が身につきます。

よって、自然とスキルも上っていくのです。

そんなところで、講師やインストラクターのスキルに差がついていきます。

ペースが動画のペースになる

こんな風な考え方もあります。

動画の場合、常に動画のペースです。

分るところも見ないといけません。

また、理解できない部分の復習も行ないにくいです。

そういった部分で、自分のペースというのにあわせにくいのです。

あくまでも動画のペースになり、それではパソコンスキルが習得しにくい状況になります。

最も重要なのは講師(インストラクター)選び

さて、教室選びのポイント最後は、講師です。

ここが最も重要といえます。

講師との関係がうまく築けて、講師やパソコン教室が好きになれば、あなたのパソコンスキルは格段に上っていくでしょう。

パソコン教室には通うだけではなく、しっかりと目標の「パソコンが使えるようになる」ということを達成できなくてはなりません。

そのときに気にしたいのが、先生です。「能力の高い先生の学校を選べば良い」と思う方がほとんどだと思いますが、これでは50点の教室選びです。

ご自身の学生時代を思い返してみると身にしみてわかることと思います。

先生であれ、友達に教えてもらうのであれ、自分より成績の悪い人ではもちろんダメですが、かといって逆に頭の良すぎる先生や、自分より成績の良すぎる友人に教えてもらうのも、なかなかタメになりません。

そうした頭の良い人というのは得てして自分流の勉強方法や思考方法があり、わからない方の気持ちがわからないのです。人に説明するということに向いていない場合が多いのです。

人に教えるのがうまい人というのは、なぜ分からないのか?が理解できる人です。そういった人は得てして自分も苦労して身に付けた人だったりします。

決して、出来る方を否定しているわけではありません。

あくまでも「苦手な方の気持ちがわからない」ということです。

同じ目線の講師がいると最高ですよ。

教室を選ぶ際には是非、講師に「自分がスキル習得する中で大変だったこと、苦労したこと」を聞いてみてください。

まとめ

今回はパソコン教室選びの際のポイントをご紹介しました。

最も大切なのは「講師」と「パソコン教室自体の方向性」です。

「あなたのことをそこまで考えてくれる」というパソコン教室を選ぶと良いでしょう。

仕事で使おうと思って、学んだことが、趣味で生かせたりもします。

あなたにぴったりのパソコン教室が見つかることを祈っています。

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


-コラム, パソコン教室選びのコツ, ブログ
-

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.