前回の記事

【在宅ワークってこんなことが出来る その4】

利用するにはどうしたらいいの?

 

どれくらい稼げるの?

前回は、キュリオ一押しのクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」の利用方法について簡単にお話ししました。

様々なスタイルの仕事の中から、自分に合った仕事を選ぶことができて、出金方法も4タイプから選ぶことができるのでしたね。

「在宅ワークってこんなことができる」の最終回になる今回は、クラウドソーシングサイトを利用してどれくらい稼ぐことができるのかをお話ししますね。

月に50万以上稼ぐ人も

衝撃的な事実として、クラウドソーシングサイトを利用して月に50万円以上稼ぐ人もいます。

ただし、正社員並みかそれ以上に稼いでいる人たちの多くは、職場に勤めているのと同じくらいの時間をクラウドソーシングサイトに注入しており、プロのフリーランスとして活躍している場合が多いです。

毎日の隙間時間が2時間程度確保できるという場合は、1万円~5万円程度の稼ぎが多いようですね。

「少ない…」

と感じるかもしれませんが、今までなんの収入も生み出さなかった時間を仕事に当てることができ、月に数万円の収入増があるって素敵なことですよ。

サイト構築などが単価がいい

ちなみに、高額収入が見込める仕事は、WEBデザインを含めたデザイン系の仕事やプログラミングの仕事が多いです。

隙間時間に誰でもすぐにできるデータ入力やデータ収集、ライティングの仕事はそれらに比べると単価が低い傾向にあります。

専門的な技能を活かせる仕事の方が単価がいいのは、クラウドソーシングの世界も変わらないのですね。

 

スキルが上がれば高額収入にも

だからと言って、高額収入への道を諦めるのは、早いです。

クラウドワークスもそうですが、クラウドソーシングサイトでは、仕事をこなすたびに実績がついていきます。

「実績が増える=あなたの信用が増す」ということなので、高額収入が狙える仕事をもらえるチャンスが増えるのです。

さらに、実績を積むことで、あなた自身のスキルも上がっていきます。スキルが上がればより難易度が高い仕事にもチャレンジできるのです。

ですので、たとえ始めたばかりの頃の収入が低くても、諦めずにコツコツ頑張れば収入のアップを望むことができます。

縁があればリモート社員にだって

知人の話で恐縮なのですが、クラウドソーシングサイトを利用している知人の一人に、クラウドソーシングサイトで縁ができた会社のリモート社員になった人がいます。

小学生のお子さんのいる女性の方なのですが、最初はその会社でライティングの仕事をしていたのが、ライティングの腕を買われてライティングをする人を育成する立場の社員にスカウトされたのでした。

彼女がリモート社員にスカウトされたのは、クラウドソーシングサイトに登録して半年程度たった頃。

縁があれば、彼女のように「家にいながら正社員」という道が開けることもあるのです。

クラウドソーシングには実に様々な可能性があるんですね。

稼ぐ人は自己研鑽を怠らない人

隙間時間にできるお小遣い稼ぎから、正社員並みに稼ぐことまでできるのがクラウドソーシングサイトの長所です。

また、パソコンとインターネット環境さえあれば、誰でもいつでも始められるのもいいところでした。

これはつまり、クラウドソーシングで稼ぐ際のライバルは全国にいるということでもあります。

クラウドソーシングサイト以外の場所でもそうでしたが、どこかの誰か以上に稼いでいる人は、自己研鑽を怠らない人でもあるのです。

自分がどれだけ稼げるようになるのか、クラウドソーシングの中での自分の位置付けをどうするのかは全て自分次第ということですね。

もちろん、いっときのお小遣い稼ぎにだけ利用して、しっかり外で働けるようになったらクラウドソーシングサイトを卒業するのもいいでしょう。

様々な可能性を引き出してくれるクラウドソーシングを賢く利用していきたいですね!

キュリオステーションでは、「クラウドソーシングをやってみたい!」という方のために在宅ワーク(クラウドソーシング)応援コースをご用意しています。

「この機会にクラウドソーシングの世界に入りたい!」という方はぜひ、ご相談ください!

lp%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_windows