前回の記事

【在宅ワークってこんなことが出来る その2】

在宅ワークでできる仕事の種類は?

 

安心できるサイトの見分け方

前回は、クラウドソーシングサイトでできる仕事の内容についてお話をしました。
基本的には、ワードとエクセル、インターネット検索ができればいいのでしたね。

今回は、「安心できるサイトの見分け方」としまして、怪しいクラウドソーシングサイトへ登録しないためにどんな所に注意すればいいのかについて解説しますよ。

「誰でも」「簡単に」「初期費用なく」「稼げる」

がキーワードのクラウドソーシングですが、このキーワードだけを眺めていると

「そんなうまい話は、詐欺に違いない!」

と感じてしまいますよね(苦笑)

「この記事でその不安な気持ちを払拭してもらえればいいなぁ」と思いながら書きました。

参考にしてくださいね。

詐欺まがいのサイトを避ける!

クラウドソーシングのキーワードは、「誰でも」「簡単に」「初期費用なく」「稼げる」です。そしてこの4つのキーワードは、「そんなうまい話はないから詐欺に違いないよ」と言われ続けてきたキーワードでもあります。

クラウドソーシングを利用する際に、きちんとしたサイトを利用するのであれば、問題はないのですが、残念なことに詐欺まがいのサイトがあるのも事実です。

もちろん、クラウドソーシングサイトはハローワークのインターネット版のようなものですから、きちんとしたクラウドソーシングサイトに登録したからといって、いわゆるブラック案件(ブラック企業のようなもの)が一切無いわけではありません。

今回の記事で、あなたに注目して欲しいのは、インターネット上の仕事の窓口であるクラウドソーシングサイトの見分け方です。

例えば、仕事を探しにいったハローワークがそもそも詐欺まがいの団体だったら、まともな仕事は紹介してもらえないですよね。
それと同じで、クラウドソーシングサイトも元々のサイトが詐欺まがいのサイトだとまともな仕事を紹介してもらえないばかりか、不要な費用を請求されてしまうこともあるのです。

登録時に教材を買わせるサイトはNG

それでは、「こういうサイトは怪しい」「そのサイトは登録しないほうがいい」というサイトの代表例をご紹介しますね。

まず、「クラウドソーシングのお仕事紹介します!」「登録料は〇〇円です!」というサイトは避けたほうがいいでしょう。
大前提として、クラウドソーシングサイトの登録は「無料でできる」のが基本なのです。

「登録料が無料なのにどうやってクラウドソーシングサイトは成り立っているの?」

と、疑問に思われましたか。
実は、クラウドソーシングサイトは「仕事をして欲しい側」と「仕事をしたい側」の間で仕事紹介が成立した場合に「手数料」をもらっています。
ですので、登録料が無料でも成り立つんですね。この辺りのシステムは、派遣会社のシステムに似ているかもしれません。

「まず登録料を支払ってください!そうしていただければ、初心者でも高額報酬をもらえる超優良案件をご紹介します!!」

というサイトは、「怪しい」とみて間違い無いでしょう。

初心者でも高待遇なのは怪しい

次にありがちなのが、

「クラウドソーシング初心者さん大歓迎!全くの初めてでも、月に30万円保証します!!」

という雰囲気の「初心者なのに高待遇」を謳っているクラウドソーシングサイト。

登録料自体は無料であることが多いのですが、登録後に

「初心者でも稼げるようになるための教材を購入いただいております!」

と、数万円程度の教材を販売されるパターンになる可能性が大きいです。

確かに、全くの初心者が「正社員レベルまで稼げる」ようになるためには、それなりに技術が必要ですし、自己研鑽が必要です。

しかし、大手のクラウドソーシングサイトは、初心者が困らないようなシステムを作っています。
例えば、この後一番オススメのクラウドソーシングサイトとしてご紹介する「クラウドワークス」では、はじめて利用する方に向けたレクチャーリンクが設置されているだけでなく、「schoo」というオンライン学習サイトと提携しており、基本的な技能なら無料で学べるようになっています。

初心者の単価の目安

ところで、「初心者なのに高単価」と言われても、基準になる単価がわからなければどこからが低単価でどこからが高単価なのかがわかりませんよね。

参考までに、前回ご紹介したデータ入力、テープ起こし、ライティングについての単価目安をご案内します。

■データ入力

1文字あたり0.1円~1円程度
※データ収集もかねる場合は、1件あたり10円~20円程度

■テープ起こし

音声1分あたり50円程度
※英語から日本語への翻訳がある場合は、音声1分あたり150円程度

■ライティング

個人の体験談(調べなくてもかけるレベル):1文字あたり0.5円程度
インターネットで調べればかけるレベル:1文字あたり0.9円~1.5円程度
インタビューなど取材が伴うレベル:1文字あたり1円~4円程度

ライティングに関しては、仕事を依頼する側がどの程度の記事を求めているかによってかなり左右されます。
中には、「今日あった出来事をなんでもいいので書いてください」という内容で1文字0.1円というものもあるんですよ。

キュリオがお勧めするのはクラウドワークス

先ほどもお伝えしましたが、キュリオが自信を持ってオススメするのは「クラウドワークス」です。

昨年発足から5周年を迎えたクラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。登録されている仕事の数も多く、種類も豊富なので、あなたの条件にあった仕事がきっと見つかります。

未登録の状態でも、応募者募集中の仕事の一部を覗くことができますので、一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

また、キュリオステーションでは、「クラウドソーシングをやってみたい!」という方のために在宅ワーク(クラウドソーシング)応援コースをご用意しています!「この機会にクラウドソーシングの世界に入りたい!」という方はぜひ、ご相談ください!

クラウドソーシングサポート講座はこちら

次の記事

キュリオ一押しのクラウドソーシングサイト

「クラウドワークス」の使い方を詳しく解説します

利用するにはどうしたらいいの?